トップへ

 沖縄本島北部の山原(やんばる)の集落の区分の呼称についてまとめたことがある。集落区分の呼称はムラ・シマを見ていく上で重要なキーワードである。24年前にまとめて論文である。山原のムラ・シマを調査していく時、必ず集落区分を気にしながらムラの成り立ちを見ている。そのことは無意識であるが、ムラ・シマを見ていく視点の一つとしている。これは「南島の地名」(南島地名研究センター:1988年)で発表したものである。


         @                             A

            B                              C

          D                               E

         F                                 G


          H                                I

以下略
    山原(やんばる)の集落区分の呼称