宜野座村                               トップへ

 ・宜野座  ・惣慶

【宜野座村宜野座】(2007年2月5日)

 宜野座村宜野座は金武間切の村の一つである。『琉球国由来記』(1713年)にヨリフサノ嶽がでてくる。神名はコバヅカサワライヂヤウノ御イベとある。宜野座の神アサギ周辺にヌンドゥンチ、ニーヤー、シシ殿内などがあり、それらの森全体がウガンや大川グスクとも言われている。また、一帯はフルジマと呼ばれ、ウタキ・神アサギ・ウブガーなど、ウタキを背にした集落形態を残している。宜野座ノロの管轄である。ウタキ(グスク)の内部や近くに旧家や神アサギが位置する村の事例である。


   ▲宜野座のウガン(別名大川グスク)          ▲宜野座の神アサギ


【宜野座村惣慶】(2007年2月5日)

 屋嘉も金武間切の村の一つである。ウタキはアガミと呼ばれ、『琉球国由来記』(1713年)の惣慶村にマチョウガマノ嶽とあり、神名はアラハタヨリフサノ御イベである。そこは漢那ノロの管轄である。アガミは戦時中に神社風のお宮にしたという。

 惣慶の集落はオガミ山(御嶽)を後方にして、なだらかな低地へと発達している。アガミ山の近くに旧家がある。惣慶も御嶽を背に発達した集落である。


 ▲惣慶のアガミ山(御嶽)神社風の建物          ▲惣慶の神アサギ


  ▲右側の建物後方にアガミ山(御嶽)      ▲惣慶の旧家の一つ仙間屋