羽地域の歴史とムラ(名護市羽地)

トップへ


〔瀬洲・源河をゆく〕(2003.5.7)

 今では村名の消えた瀬洲村へ。さらに源河まで足を運んでみた。瀬洲は現在名護市の源河に吸収されているが、近世にあった村である。

 『琉球国由来記』(1713年)に瀬洲村に源河之嶽があり、源河村に上城嶽、野国ニヤ嶽、源河神アシアギ、源河巫火神がある。瀬洲村には源河之嶽と掟神火神と瀬洲村神アシャゲがある。源河村と瀬洲村の両方に神アシアギがあり、源河ノロの管轄となっている(『琉球国由来記』で御嶽の部分で真喜屋ノロの管轄としている部分があるので注意を要する)。現在、源河に神アサギがない。昭和2年にクーグシクに拝所(お宮)をつくり統合してしまったようだ。お宮の内部で瀬洲と源河の拝所は区分している。

 瀬洲村跡は源河の東側の山の麓に細長く集落(メーガーと呼ばれているようだ)が展開している。そこが瀬洲村の故地から移動してできた集落である。故地の近くに瀬洲嶽(シーシウタキ)があり、その名残りをかろうじてとどめている。瀬洲村の源河村への合併の時期は今のところはっきりしない。明治13年の「県統計概表」に瀬洲村は見えない。また明治15年頃の『羽地間切神拝所』に「瀬洲内神火ノ神と瀬洲嶽」は出てくるが村名と神アサギは出てこないので、そのころにはすでに統合されていたのであろう。もう少し現場の踏査が必要だ。

 瀬洲から源河のウーグシクまで登る。お宮のあるクーグスク(小グスク)はウーグスク(大グスク)に対する呼び方のようだ。そこには源河ウェーキ(豪農)の屋敷が残っている。前方は道路に沿って円形に石積みされ、門口の石積みは、ずれないように結構工夫をこらしている。石はほとんどが海石(珊瑚石灰岩)である。石積みのブタ小屋があり、屋根部分はアーチ型に削った石積みとなっている。

 源河ウェーキは国頭地方一、沖縄の三大ウェーキの一つだといわれている。明治14年11月上杉県令一行が羽地間切から大宜味間切への途中、源河ウェーキで小休止している。「国頭地方、第一の金満家」と表現している。

..
    ▲源河の集落。右側の川は源河川    ▲源河ウェーキの屋敷の石積みの一部

..
  ▲源河ウェーキの門の石垣        ▲同家のブタ小屋(ウヮンプル)の跡

..
 
    ▲同家の勝手口の門          ▲瀬洲集落のカー(前湧泉?)

【旧羽地村川上(谷田)をゆく】(2003.9.30)

 旧羽地村川上(現在名護市)まで車を走らせた。先日、通ったとき谷田神アサギあたり工事が入っていた。昨日「完成したのかな?」と立ち寄ってみた。

 旧羽地間切の谷田村は『絵図郷村帳』と『琉球国高究帳』に「こくてん村」「川上村」と登場してくる。『琉球国由来記』(1713年)でも「谷田村」「川上村」が出てくる。その後の 『御当国御高並諸上納里積記』(1738年以降)には「川上・谷田」と二カ村が併記され、同じ頃の『琉球一件帳』にも川上村と谷田村が出てくる。「具志堅の歴史」でもそうであるが、どうも近世末に村の統合が各地であったようだ。それを直接示す史料に出会えていないのだが・・・。

 谷田村は明治初期(近世末か)には川上村に統合されたとみえ、『沖縄島諸祭神祝女類別表』(明治17年頃?調査)の川上村に「神アサギ二箇所、川上嶽、谷田嶽」などと記されている。谷田村が川上村に統合されて、そう歳月が経っていない時期の資料であろう。明治の初期以前に統合された村の神アサギが現在まで残されている。具志堅の真部と上間の神アサーギは昭和16年頃に統合され、今では神ハサーギの跡が辛うじて伝わっている状況にある。

 谷田村はホードゥと呼んでいる。ホードゥに何故「谷田」の文字を当てたのか。かつての谷田あたりの地形を想像してみると、羽地大川流域の水田の広がる地域である。水田地帯に田の字を当てたのは理解できる。ホーが谷とどう結びついてくるのか?地形的には小さな谷の多くあった場所である(現在では土地改良で、その姿は消えてしまったが)。「水田と谷の多い」村ではあるに違いないが、ホードゥと谷田と結びつけるには方音の紐解きが必要のようだ。

 それは別にして、ホードゥヌ神アサギが新しく作り変えられたのである。


.
▲新しく完成した谷田の神アサギや鳥居   ▲右側のコンクリート建てが神アサギ

【名護市済井出】(2003.12.24)

 23日は名護市の済井出(屋我地島)の集落、古宇利大橋の橋詰。湖のような羽地内海に面した屋我・仲尾次・仲尾・呉我、そして今帰仁村の湧川を通り今帰仁村へはいる。今日の今帰仁村内の目的地は今帰仁グスクと歴史文化センター、午後から古宇利島。数日前から荒れていた冬の空模様から、一転して気持ちいい、空気の澄んだ最良の天気。神奈川県からやってきた明治学院大学の学生20名とゼミの教官二名を案内。

 済井出の民宿に早めに到着したので、済井出の海岸と集落内を歩いてみた。穏やかな朝。集落は砂丘(兼久)に碁盤(格子)状に発達している。済井出の海岸はウフドゥマイと呼ばれ「大きな泊」の意味でろう。海岸に小島が散在。その向こう側に古宇利島の横太原あたりが見える。砂を掘るとアサリが採れそうだ。民宿の近くに、
    済井出美らじまや
     しまうちゅき美らさ
     大石森くさて
      馬場めぇなち
の碑が立っている。ちょうど屋我地荘から公民館を結ぶ道路が、済井出の集落をアガリ(東)とイリ(西)に二分する境界線になっている。境界線を海岸から反対の方向に進むと公民に到着する。公民館の前に教会がある。さらに進む、左右に細長い道路と草花を植えた公園らしいところがある。公民館の近くにアコウの大木があり、休日なので早朝から子どもたちが遊んでいる。アコウの大木の前の直線がマーウイ(馬場)である。

. 
   ▲済井出の海岸にたつ琉歌稗        ▲マーウイ(馬場)跡で遊ぶ子どもたち

 上の琉歌で「大石森くさて」「馬場めぇなち」と謡われていることから、集落の後方に大石森を背に、前方に馬場があったという認識がある。大石森はどれなのか確かめていないが、集落は現在地ではなく、もう少し山手の方にあったということになる。元の集落から移動した時期についてはっきりしないが、少なくとも近世に形成された集落の印象で持つ。歩いていると各家に井戸(掘り込み)があることに気づかされる。


【名護市呉我】(2004.1.6)

 正月元旦の日の出を見届けた後、名護市呉我まで行く。元旦の朝、十年余り朝日を見に行っている。ここ三、四年は一人で。いつの間にか子供たちはついてこなくなっている。それに連れも。お陰で朝日を確認して、自由奔放に麓の羽地一帯の集落を歩いている。

今年は呉我まで。呉我に気にいった長閑なカー(ビーガー)があり、正月の若水を汲みに来る方が今でもいるのか(途中で気づいたが、それは旧正なのだ)。ビーガーは清掃され水を汲む柄杓が供えてあった。側にハミダー(神田)があるが、田植えはもう行っていないようだ。旧暦の二月の大安にビーダウグヮンが行われる。

途中、呉我の神アサギに立ち寄るとムラの方々がアサギナーにゴザを敷いて新年の祈願祭が行われていた。古宇利島でも新年のウガンをお宮の前でやっているようだが、名護市呉我でも行っている。

呉我の集落の後方の鍛冶屋原(カンジャーバル)までいく。『沖縄県国頭郡志』に、   
       呉我の後方に鍛冶屋原があり、古へ官立の鍛冶職を置きたる所
       なり。元各間切の農具は官給にして人民は、その代償として一定
       の租税を納めたりしが、後更めて各間切に鍛冶職を置き、而して
      人民の利便を図れり。県下各地にカンヂャーヤー原といえる地名、
      あるいは多くの其の跡地なりという。寛文九年(1667)十二月三十
      日附御教書の一節にいう。

    此中諸間切遣候、鍬、へら、はいし賃として百姓一人に付米一升五合づつ相掛、
    半分は公儀半分は鍛冶細工へ相納候処、百姓疲申候付未之春頃右出米差免、諸
    間切へ鍛冶細工二人づつ立置、夫引合相定候事


とある。呉我は1736年に今帰仁間切地内から現在地に移動した村である。上の文書(1667年)と呉我村(1736年に移動)の鍛冶屋の成立とは時代が異なる。1736年以降に呉我村に鍛冶屋が置かれたことに因んだ原名なのであろう。果たして鍛冶屋跡地を見つけることができるか?



【羽地(親川)グスク】(2004.3.25)

 これまでグスクを調査する過程で山原の村(村落)や集落移動についてみてきた。グスクを通してみてくると、集落は杜の斜面に発達している。それが次第に麓へおりている。その具体的な報告は「今帰仁グスクが抱えた村―今帰仁ムラ・親泊ムラ・志慶真ムラの移動―」として石野さんがまとめている。近世の集落移動は湿地帯の仕明(開墾)と関係が深そうである。近世の集落移動の研究のモデルになる論稿である。楽しみである!

 下の写真は親川グスク(名護市)にある火神の祠である。『琉球国由来記』(1713年)に出てくる「池城里主所(火)神」の祠とみられる。同書に「池城神アシアゲ」があり、親川グスクにある神アサギ(現在親川の神アサギ)のことと思われる。『琉球国由来記』(1713年)は、田井等村に二つの神アシアゲが置かれている。まだ親川村が創設される以前のことである。親川村は田井等村を分割して創設された村である。間切番所も置かれ、羽地間切の行政の中心となった。

 .
  
 ▲親川グスクにある火神の祠        ▲親川グスクにある神アサギ
 

『土地整理ニ関スル書類綴』(真喜屋村・稲嶺村事務所) (2003.7.1)

 琉球大学図書館の「島袋源七文庫」に『土地整理ニ関スル書類綴』(真喜屋村・稲嶺村事務所)(明治32年)がある。最後の土地替え(地割)の協議事項認可申請書である。今帰仁間切(村)では、このような地割に関する文書資料がまだ確認されていない。

 羽地間切真喜屋村と稲嶺村の土地替えの「旧持地数」と「新持地数」、その「変更の事由」を見ていくとだけでも、当時の土地配分(土地替えの変更)の様子が見えてくる。配当を受ける年齢の家族が増えたり、配当を受けていた人が死亡などで減になったり、雇人の分は雇主が配当を受けていたが今回は雇人本人に配当されているなど、なかなか興味深い。

 下の表には見えないが、
     宿道ハ幅八尺以上トシ左右ニ各六尺ノ余地ヲ置キ(水田貫通スル
     時ハ余地ヲ設ケズ)
     脇道ハ幅五尺以上、原路ハ幅三尺以上、防堤ハ幅七尺トスル事

などと、当時の道筋の幅なども規格があり管理されていたことがわかる。また、二十歳を過ぎて新しく屋敷の配当を受ける場合、屋敷は四十坪を超えることは許されなかった。因みに明治三二年「分家ノ為ニ屋敷地トシテ配当スベキ人」は三二名いた。
     満二十歳以上ノ者ニシテ新ニ屋敷ノ配当ヲ受ケントスル者ハ明治
     三十二年六月三日迄ニ申シ出ル事但一戸ノ配当坪数ハ四十坪ヲ
     越ルヲ許サザル事
  
新持地数 旧持地数 変更の事由  番地身分屋号 氏 名
壱地五分 弐地五分 配当ヲ受クベキ人員ノ減少セシニ依ル 一番地平民蔵原屋 親川平三郎
三地五分 四 地 配当ヲ受クベキ人員ノ減少セシニ依ル 三番地平民舛取屋 島袋善三郎
弐 地 参 地 仝  上 四番地平民□門 島袋善太郎
弐地七分 壱地五分 配当ヲ受クベキ人員ノ増加セシニ依ル 五番地平民上里屋 上里角次郎
弐地五分 弐 地 仝  上 六番地平民ヨガフ屋 与那嶺豊三郎
壱地五分 雇人ノ配当地ハ其雇主ニ配当セシモ今回ハ本人ニ配当セシニ依ル 七番地平民宮里屋小 宮里吉蔵
弐地四分 壱 地 配当ヲ受クベキ人員ノ増加セシニ依ル 九番地平民宮平屋 宮平林三
   (続くが以下省略)
                  

            
▲「持地人各自の持t地数」の一部